ブログ

【学費最安値宣言!】調理師学校の学費を安くする方法

日本の食が海外から注目されている中、料理の勉強がしたいという人が増えているのが現状です。

しかしどこの学校も学費が高いので諦めました😰

という声をよく聞きます。

全国にはたくさんの調理師学校がありますが、食材や大規模な設備を利用するため昼1年制で学費は150万円〜180万が標準価格とされています。

 

ただそんな中でおすすめしたいのが

「学費最安値宣言!」の育成調理師専門学校です。

昼1年制で学費108万はかなりリーズナブル!

☆詳しくはこちらから☆

 

しかし学費が安い分しっかり学べるか不安ですよね。

まずは育成調理師専門学校がお得な3つの点をご紹介します。

 

【最大5種類の資格取得が可能】

・調理師免許

食品や衛生、栄養に関する知識を有することを証明する国家資格。調理業界への就職に有利で卒業と同時に取得できる。

 

・ふぐ調理衛生特別講習受講証

ふぐの毒は人を死に至らせます。なので食べられる部位が決まっており、その判別には専門的な知識が必要です。

 

・技術考査合格証

食文化が多様化した現在、高い調理技術や詳しい衛生知識が必要とされています。専門調理師の称号の他、調理師専門学校の教員資格が与えられます

 

・介護食士3級

高齢者および障がい者の介護食に役立つ知識と技能を習得することを目的とした資格

 

・食育インストラクター4級

平成17年に食育基本法が制定され、学校や保育園、地方自治体、食品関連会社、病院などで活躍ができる資格。希望者のみ。

 

しっかりとした実力を証明するために資格は必要です。独学とは違い全て食のプロから学べるので正しい知識で即戦力として活躍の場を広げることができます。

 

【和洋中学べる】

年間390時間の実習の中で和洋中全ての分野の経験を積むことが出来ます。実習は調理器具の使い方から始まり、少しずつレベルアップしていくので調理師として一からチャレンジする方も安心です。調理師専門学校に行かず高卒のまま就職してしまうとその店で出しているメニューしか学ぶことが出来ません。

料理のプロから直接指導が受けられる上、食材も様々なものを扱うので、経験の幅が大きく変わってきます。

 

【就職率100%を達成】

育成学園は創立から50年以上経過しており、毎年多くの卒業生を輩出しています。

毎年変化する業界に合わせて柔軟に変化させながら歴史を積んできました。業界に常にアンテナをはりながら、調理師の養成のためにカリキュラムを構成しています。

結果就職率100%を獲得できました。(2017年度実績)

主な就職先はホテルやレストランやカフェになります。調理師専門学校の卒業生でなければ採用しないところも多く、先の就職のことまで考えると、業界とのつながりが深い専門学校への入学メリットはかなり大きいです。

 

【駅から徒歩3分】

駅から徒歩3分という最高の立地に学校はあります。

また最寄り駅の阪神尼崎は大阪まで電車で約7分というのも魅力的。毎日のことなので学校は家から近い方が便利です。


いかがでしょうか

それではここから学費が安くなる方法をご紹介します。

 

【学校独自の奨学金制度を利用する】

全ての調理師専門学校には学校独自の奨学金制度があります。ただし、お金を返さなてもいいものと卒業後にお金を返さなくてはならないものがありますので注意してください。

育成調理師専門学校では独自の3つの免学制度をご用意しています。

☆詳しい情報は「学費サポート」をご覧ください☆

 

①AO入試特典

減額度★

入学金の半額の5万円が免除

AO入学とは、学校が定める学生像をオープンキャンパスや各種説明会にて相互に理解を深め学力だけでは判断できかねる意欲や能力、適正などを面接を中心に総合的に担当官が判断する入試です。

育成調理師専門学校でもAO入試を実施しております。合格した場合学費は103万円になります。

 

②ファミリー優遇制度

減額度★★

10万円を入学後支給

本学園の在校生または卒業生の子息、兄弟姉妹の方は本人からの届出があるときに限り入学金相当の10万円を入学後に支給します。学費は実質98万円になります。

 

③大学・短大卒業者特待制度

減額度★★

入学金10万円を免除

入学前に大学・短大を卒業見込みの方、また既に大学・短大を卒業している方は卒業を証明できる書類を提出すれば入学金の10万円が免除となります。学費は98万円になります。

 

【教育訓練給付制度を利用する】

減額度★★★★★

教育訓練給付制度とは社会人経験者の方限定で、一定の条件を満たせば支払った受講費用の一部がハローワークから支給される制度です。育成調理師専門学校の場合40万円が支給されますので学費は68万円になります。

また受講終了後一定の条件を満たせばさらに支給されますので、詳しくは最寄りのハローワークへお問い合わせ下さい。

 

【まとめ】

学費は決して安い金額ではありません。

ただ安いに越したことはありません。なのでしっかりと比較検討をして自分にあった調理師専門学校を選んでください。

重要なのは学校で「何が学べるか」です‼

その点学費が安いのにしっかりとした教育を保証している「学費最安値宣言!」の育成調理師専門学校です。

昼1年制で学費108万はかなりリーズナブル!

☆詳しくはこちらから☆