1. TOP
  2. 特待生制度について

特待生制度について

École CP独自の奨学金制度

一定の審査により、各学科の年間授業料の半額を支援するものである。

特待生奨学金制度

定員
全学科を対象とし、全体で最大10名程度(Wライセンスコースは1年目のみ適用)
支援方法
  • ①特待生認定(入学前審査)→ 前期支給(平成30年4月上旬に年間授業料の4分の1が入金される
  • ②特待生更新(前期成績+出席日数) → 後期支給(平成30年10月上旬に年間授業料の4分の1が入金される)
  • ※2年制での認定者は、2年目も学内成績・出席日数などで審査更新する。
応募資格
  • 次項①~③のすべてに該当する者、④は補則資料がある者のみ(加点対象)
  • ①高等学校または中等教育学校(中学・高等学校一貫教育校)を平成29年3月卒業見込みの者
  • ②AO入試(第1期)の合格者
  • ③評定平均3.0以上
  • ④スポーツ・文化活動・資格など優秀な成績を修めている者
応募方法
  • ①AO入試(第1期)の出願をする。※願書欄『特待生奨学金を希望する』に○印を記入すること。
  • ②学力は、出願時の調査書を参考にする。
  • ③スポーツ・文化活動・資格など優秀な成績を修めている者は次の通りとする。
  • ※賞状や新聞記事など証明(写し)を出願時に同封すること。(応募基準は特に設けない)
  • ※調査書に記載されているものは提出しなくてもよい。
  • ④AO入試の結果通知にて、特待生審査の詳細が届きます。※審査票、審査日程、小論文のテーマ
審査日
平成29年10月中旬※AO入試(第1期)結果通知にて通知する。
審査内容
  • ①一般教養(60分):国語(現代文のみ)、数学(数学Ⅰ)、英語(コミュニケーション英語Ⅰ)
  • ②小論文(60分):800字
  • ③書類審査:調査書、参考資料等
結果通知
平成29年11月上旬(郵送)