卒業生インタビュー

Graduates Interview 08 開業Graduates Interview 08 開業

洋菓子店 タスカータソルテ

やる気があれば、道は開ける。
そして人との出会いを大切にすること。

  • 小関 健太さん
  • (私立 神戸第一高等学校卒)
  • 製菓衛生師科 2009年卒業生
  • ケーキ店を営んでいた両親の下で育ち、開業を目標にエコールCPに入学。卒業後2012年に念願の開業を果たし、店舗拡大をめざして順調に運営中。

親がケーキ屋をしていたため、幼いころからおいしいケーキを食べて育ちました。エコールCP入学前、以前のバイト仲間が、僕がケーキ屋をやろうか考えている時に「やってみるべき」と熱いエールを送ってくれたことがきっかけで開業を決意しました。このような出会いがいつあるかわからないので、人との出会いを大切にしています。今の物件はひと目で気に入り、親にも協力してもらい資金を集め、契約にこぎつけました。知人に手伝ってもらって行った改装作業は、大変でしたが楽しかったです。店舗の壁に描かれているキャラクターは、小学生の時から描いてきたオリジナルなんですよ。2011年7月7日のオープン以来、順調に経営できていますが、昔から食べてきた親のケーキがおいしかったので、絶対に売れる自信はありました。独立開業を経験したことで、「行動したらできる」ということを実感しています。大事なのはマイナス面を見るだけでなく、プラスに変えていくこと。これからは資金を貯めて、店舗を増やしていきたいと考えています。