卒業生インタビュー

Graduates Interview 03 就職Graduates Interview 03 就職

懐石料理・鍋料理 人丸花壇

お客様との一期一会を大切にし、
大きなチャンスを掴みました。

  • 前田 和宏さん
  • (私立 神港学園神港高等学校卒)
  • プレミアム調理師科 2005年卒業生
  • ゲストシェフで来校した総料理長にひかれ、卒業後仕事をしながら休日に通いつめていた熱意を買われて入社。現在は煮方を担当。

エコールCPで日本料理担当の菱田先生と出会い、和食を極めたいと思うようになりました。人丸花壇の総料理長がゲストシェフとして学校に来られた時、菱田先生の尊敬する人だと聞いて、人丸花壇で働きたいと強く感じました。新卒採用をしていなかったので、仕事の休日に人丸花壇に通って味の勉強をしていたところ、「ここで働きたいのなら」と声を掛けていただきました。現在は煮方を担当していて、煮炊きものやお吸い物、茶碗蒸しなどを作っています。出汁をひく仕事は特に難しく、重要な仕事なので気を使います。仕事をしていて印象的なのは、おせち料理。一年の集大成として下準備から長い時間をかけて作っていくので、最後に盛りつけをする時は感無量です。総料理長も料理長も人間性がすばらしい人たち。憧れの人のもとで働けて、身近にお手本がいる幸せを感じています。今は先輩方に頼りっぱなしなので、これからはひとりで仕事ができるように総料理長や料理長にあらゆる事を教わりながら頑張っていきたいと思います。