1. TOP
  2. ブログ
  3. 調理師の資格について|調理師専門学校への入学は意味があるのか?

調理師の資格について|調理師専門学校への入学は意味があるのか?

  • カテゴリー:調理師について

調理師免許がなくても店をオープンすることはできる今、本当に調理師専門学校への入学は本当に意味があるのかどうか解説します

あなたは将来、ここのお店で働きたい!という具体的な目標はありますか?

もし就職を目指す現場が決まっているのであれば、そこと同じ規模の店へ就職実績がある専門学校で学んでおくことで、就職のチャンスが広がるでしょう。加えてそれが地元の店ならば地元から近い調理師専門学校への進学を考えてみてはいかがでしょうか。

業界への就職実績が豊富な調理師専門学校は、実習も多く積めることから就職に有利となりやすいのが特徴です。未経験ならば若い方が有利ですが、調理師として就職するのに年齢制限はもちろん関係ありません

調理師免許の取得も年齢制限はありません。調理師の国家資格を取得する方法は大きく2つあり、1つは2年以上の実務経験を経た後に試験に合格すること、もう1つは神戸国際調理製菓専門学校のように認可を受けた養成校で定められた単位を取得した上で卒業することです。

ほとんどの人が調理師専門学校に進学し卒業することで調理師免許を取得する方法を選択します。それは確かな技術と基本的な知識が備わっている証明があるからです。

実際にお店では調理師専門学校を卒業した人が重宝されています。

ちなみに調理師試験の合格率は約65%であり、簡単に合格ができるような試験ではありません。

食品学や衛生学、栄養学などの食に関連する内容となっており、1年以上の対策が必要です。

言うまでもありませんが調理師免許の取得の最短は、高校卒業後に調理師専門学校に進学し、既定の学科で1年以上履修し、卒業することなので、試験対策をしている間に調理師免許を取得できる計算になりますね。

試験は都道府県によって出題内容が異なるため、受験先の都道府県の過去問題をネットで繰り返したり書店で試験対策本を購入して解いてから臨むと安心です。

ただ覚えておかなければいけないことは、あくまで「ものづくりの業界」なので、ただ免許があっても料理人としての腕がなければいけないと言うことです。例えばTOIECでいい点数を取っていなくても、外国人と話した経験が多くその細かい会話のニュアンスや言葉の言い回しがわかっている人の方が語学力があると認識されるのと一緒です。実務経験がなければ年齢や実績も関係ないと言うことです。

つまり高校卒業後に弟子入りやアルバイトで現場に入ってしまうことが手に職をつける一番の方法と言えるのでしょうか。いいえ、そんなことはなく一から知識や基礎を学ぶわけではないので独特の癖がつきやすく、その店で出しているメニューしか学ぶことが出来ないこともあり世間の正解がわからないと言われています。

それに対して神戸国際調理製菓専門学校では和・洋・中・デザートなど全ての分野を学び、食材も様々なものを扱うことが可能となるので、就職する場合と比較したときに経験の幅が大きく変わってきます。ただ実習は実本物の現場とは違います。実務経験という意味では少ないですが、インターンシップなどの実践的なカリキュラムをへて就職した後もギャップがなく本物の現場へ入ることもできます。

またJR元町駅、阪神元町駅から徒3分という最高の立地にあり、学校の周りには有名なレストランやホテルがたくさんありますので、アルバイトとして飲食店で働くことは十分に可能です。

50年の歴史が育成学園にはあります。

料理人への一歩は免許があってもなくても実務経験を積み始めるきっかけ作りを神戸国際調理製菓専門学校でスタートさせてみませんか。当然毎年多くの卒業生を輩出している調理師専門学校の方が有利です。その分だけ学びを提供してきた実績と柔軟にカリキュラムを変化させながら歴史を積んできたのですから。

それだけではなく担任制を設けて、就職を希望する学生には就職のサポートを、家を継ぐや開業を目指す場合は一人一人に徹底してフォローし、全員が満足する将来を掴めるようにしています。おかげで就職率は100%を記録することができました。