1. TOP
  2. ブログ
  3. パティシエになるためには

パティシエになるためには

  • カテゴリー:パティシエについて

パティシエは美味しさだけではなく美的感覚を要求されるデザート作りのプロ

美しく仕上げる作業は自分の趣味の延長でデザート作りを初めて、独学だけで身に付くものではありません。💨

そこで誰かに教えを解いてもらい一流のパティシエとなっていきます。本気でパティシエを目指すとなると専門学校に入学するのが一般的です。逆にどこかのお店に弟子入りしパティシエを目指す方法もあります。

 

パティシエの仕事はどんな仕事?

お菓子には大きく分けて洋菓子と和菓子があり、洋菓子を作るのがパティシエです。🍰👦

パティシエは街の洋菓子店やレストランやホテルの結婚式場などの調理部門でデザート作りを担当しています。

ケーキはもちろん、焼き菓子や飴細工などなんでも作る職人です。

ホテルの結婚式場で働くパティシエならば季節感や新郎新婦の思いを形にし、お客様の心を掴む繊細な盛り付けしたり、メインとなる料理にあったデザートを考えたりする事もあります。👪

最近ではチョコレート専門の知識や技術をもつショコラティエやパン専門のブーランジェと呼ばれる職業もできてきて活躍する幅は深く広くなって来ています。

これからも特定の分野に特化したパティシエは増えてくるでしょう。



パティシエの専門学校に入学する

専門学校では2年間または1年間のコースを選択し、洋菓子の基礎技術をまずはしっかりと身につけて卒業するのが普通です。

一部の専門学校では洋菓子コース、和菓子コース、パンコースと別れている事が多いので、入学前に自分がどういった道に進むのかを決めておく必要があるでしょう。😤

神戸国際調理製菓専門学校の3つの専攻コース

専門学校に入学してくる人は様々です。

将来は自分のお店を持ちたい人や一流ホテルのパティシエを目指す人など多種多様です。

様々な人の夢に答えるためにも神戸で洋菓子を2年間勉強するコースの製菓スペシャリスト本科では1年生の10月から専門のコースに別れる「選べる3つの専攻コース」が存在します。3つの専攻コースは高度洋菓子コース、パンコース、スイーツ総合コースから構成されて自分が学びたい分野を選ぶシステムになっています。

 

弟子入りしパティシエを目指す

パティシエ専門学校に通わず、直接、洋菓子店で働き実際に修行をするケースもあります🙋🏻💫

いい師匠に出会い技術を盗み習得するのも一つの方法です。ただし、その店で出しているケーキの種類のみしか勉強できないというデメリットもあります。資格取得も視野にいれてじっくり幅広くケーキのことを勉強したい人は専門学校に入学した方がいいでしょう。

 

卒業後の進路

卒業後の進路も人によって様々です。

カフェを開業したい人やパン屋さんになりたい人もいます。一般的には専門学校をそ卒業したら就職した店やホテルでパティシエとしてある程度働き、経験を積み独立する人も多いです。

独立を目標とするのならばケーキ作りの技術力を習得する以上に独自のセンスを磨く必要があります✨

またオーナーとしての経営のノウハウや開業のための資金を早いうちからためておくことが大切です。何にせよ専門学校在学時から将来に向けての色々考えておくべきです。

パティシエならではの進路

パティシエを目指す人は海外留学をする人も多いです。洋菓子の本場フランスのパリで修行をして日本でお店を開業する人も少なくありません。またイギリスやフランスの地方では伝統的な焼き菓子が人気が高く、それにあった紅茶やコーヒーの淹れ方も勉強できるのも魅力です。

ただどのような進路を選ぶにしても有利になるのが資格です。

専門学校では製菓衛生師免許受験資格を取得できる場合が多いです。

そして資格取得に向けて製菓衛生師国家試験対策をしている専門学校がほとんどです。

製菓衛生師の免許は製菓分野で働く際に求められる基本的な資格です。

衛生管理の知識も必要とする資格のため独立し開業を目指す人ならばほとんどが取得しています。

しかし、お店を開業するときに必要な資格は食品衛生責任者のみなので製菓衛生師の免許を取得したからといって必ずしも開業できる訳ではないので注意しておくべきです。

あくまでも資格取得は自分のスキルアップのつもりで考えていた方がいいでしょう。大切なのはケーキを作る技術力です。

 

最近のパティシエの傾向

洋菓子の場合は近年は健康志向を受けて、ヘルシーなデザートや健康素材を使ったものなどが人気を呼んでいます🏋🏻

基礎技術を中心に今までにない素材や斬新なアイデアで新しい商品を作っていって行かなければ、パティシエとして成功はできません。特にフルコースの最後に出てくる皿盛りではインスタ映えを狙った盛り付けを心がけ試行錯誤を重ねています。

また「〇〇専門店」のような専門性に特化した職業が注目を浴びているようになってきています😍📝

まとめ

いづれにせケーキは嗜好品として人々に愛されている側面があり、景気に左右されやすい。

お金に余裕がなければ購入する必要がないものではある。独立はしやすいが経営感覚とケーキを作る技術力とセンスは常に磨いて置かなければならないだろう。

パティシエとして生き残る道は早いうちから消費者心理を理解することです。