1. TOP
  2. 製菓衛生師科

製菓衛生師科

1年制 神戸国際調理製菓専門学校

Point01

最短コースで資格取得を目指す!

洋菓子・和菓子・製パンに求められるスキルを1年で習得するプロへの最短コース。充実した実習環境で基礎から応用までを効率的にマスター。卒業時には製菓衛生師の受験資格を取得することができます。

製菓衛生師科の特長

  • 製菓衛生師科の特徴イメージ1

    製菓衛生師を目指せ!
    1年で受験資格を取得

    充実した実習環境で基礎から応用までの技術を効率的にマスターでき、国家試験対策も経験豊富な教員が学生一人ひとりをサポート。卒業時には製菓衛生師の受験資格を取得することができます。

  • 製菓衛生師科の特徴イメージ2

    一流の先生が教える!
    1年間のレシピ数170種類以上!

    コンクール入賞経験を持っ先生や現場経験が長い先生と多種多様な先生による実習で基礎から応用まで1年間でしっかりと学ぶことができます。

製菓衛生師科の学び

まずは基礎をしっかり!!

480時間を超える実習で、洋菓子・和菓子・パンについての基本的なレシピ、器具の使い方から、プロに求められるハイレベルな技術までを習得。有名パティシエによる特別実習も開講します。

実習52% 講義48%グラフ
1年次時間割例 1年次時間割例
実習・演習時間グラフ 実習・演習時間グラフ

取得可能資格

  • 製菓衛生師受験資格
  • ゲストパティシエ実習修了証

卒業後は製菓衛生師科へ進学も可能! 両方の資格取得を目指すWライセンスコース

PICK UP

食品衛生学

飲食により起こる危害、食品の生産・製造から販売に至る過程で発生しうる危険要因と、その安全対策についての知識を習得。

レベルアップレッスン

早朝・放課後・土曜日に思う存分トレーニングができる!

洋菓子実習

基本の生地、クレーム、絞り、ナッペなどの基本技術に加え、シュガーアートやマジパン細工・飴細工などの工芸菓子も学びます。

製パン実習

製パン法の種類、生地作りから焼成までを学習。欧米の食事パン、日本の調理パン、菓子パンについての知識と技術を幅広く習得。

和菓子実習

日常菓子、繊細な練り切りなど、生菓子・焼菓子・蒸菓子・流し菓子作りを通して製餡の基礎から芸術的な造形技術までを学習。

ゲストパティシエ実習

現役の一流パティシエ、ブーランジェ、和菓子職人を講師に招き実施。プロによる直接指導でハイレベルな知識や技術を学びます。

食品学

栄養素・エネルギー源、感覚・嗜好品、健康維持・増進などの機能をもつ食品について、成分、性質、働きなどについて学習。

栄養学

栄養素の種類、体内での作用の仕方を学習。また、「食」がもたらす健康維持効果、成長・発育作用などについても学びます。

製菓理論

甘味料、油脂、乳製品、果実・凝固剤など菓子の原材料の種類や成分、特徴、加工上の特性、さらに容器や包装の知識も習得。

カフェ学

コーヒー、エスプレッソ、紅茶の知識を習得。ビヴァレージの歴史、種類、原料の知識及び器具の扱い方、淹れ方、サービスも学習。

衛生法規

製菓衛生師にとって大切な製菓衛生師法、食品衛生法、調理師法、栄養士法など、製菓に関する法律を学びます。

公衆衛生学

心身の健康維持と増進、感染症、疾病予防など健康に適した生活環境や作業環境、家族や地域生活での健康づくりについて学びます。

食品衛生学

飲食により起こる危害、食品の生産・製造から販売に至る過程で発生しうる危険要因と、その安全対策についての知識を習得。

レベルアップレッスン

早朝・放課後・土曜日に思う存分トレーニングができる!

Student’s Voice

現状に満足せず、
放課後にも積極的に練習。

お菓子に興味をもったのは、バレンタインのお返しにお菓子をつくって喜んでもらえたことがきっかけです。神戸国際調理製菓専門学校に入学し、本格的にお菓子について学ぶようになり、試験前には放課後ベーシックレッスンにも積極的に取り組んでいます。ナッペや絞り、オレンジの皮むきなど、現状に満足せず「もっとできる」と努力することを心がけています。卒業後はホテルでスキルを磨き、一流といわれるパティシエをめざしたいです。

飯野 潤さん 製菓衛生師科
鳥取県立鳥取商業高等学校卒