ブログ

パティシエになるために専門学校に行く必要性

パティシエになるために行く専門学校は製菓専門学校です。
1年から2年通うことでパティシエに必要な知識や技術を習得することができます。

製菓専門学校ではパン職人や和菓子職人への道も準備されていて、総合的な学びが待っています。製菓について広い視野を持つこともできます。

また専門学校で必要な単位を取得すると製菓のプロである証明になる「製菓衛生師」の国家試験にチャレンジする資格を得ることができます。

一方で「製菓衛生師」の国家試験にチャレンジできる資格は専門学校に行かなくても、洋菓子屋さんなどで実務経験を2年得ることで取得することもできます。実務経験が2年間あればある程度の技術や知識も十分得れるでしょう。

では一体専門学校に行く意味とはなんなのでしょうか?

今回はパティシエになるために専門学校に行く必要性について紹介していきます。

まず結論から申し上げますと、パティシエは趣味としての洋菓子づくりではなく、生業としての洋菓子づくりが求められるからです。

洋菓子を作るための材料や調理器具についても学ばなければいけませんし、材料の配合の仕方や時間など理系でなくても数字が関連することも学ばなければならないのです。

製菓専門学校ではパティシエの基礎技術の習得を目指し座学や実習時間を使いこれらを繰り返し学んでいきます。
座学では製菓衛生師の資格を取る際に必要な「食品学」「食品衛生学」などの分野も学ぶことができます。
美味しい洋菓子を作る際、衛生面にも細かく気を使うということは、ここ十数年でかなり厳しくなりました。
商売として洋菓子を作る場合、徹底した衛生管理は必要不可欠となっています。パティシエの世界の価値観も親世代の時とは大きく違うのです。

さらに食品衛生などの知識や、実習での様々な洋菓子のレシピ、調理方法などは卒業後「即プロのパティシエ」として活躍できるための大きな武器となります。
そしてもし、将来自分の洋菓子店を持ちたいと思っている人であれば製菓衛生師の資格は必要になります。
さらに学校から「パティシエ求人」の紹介がありますので就職時にも有利です。

○パティシエになりたいけど専門学校には通わない人の苦労

パティシエになるために必要な資格はありません。未経験でもパティシエとして雇ってもらえますし働くことはできます。

しかし専門学校に行かないでパティシエとして働く場合、苦労が増える面があります。

まず、就職です。専門学校卒業生は専門学校からの紹介を受け、パティシエとして就職する人が多いですが、通わない人は自力で探す必要があります。
大きなホテルなどでは「製菓専門学校を卒業していること」を求人募集の条件としているところも近年増えているようです。
小さな洋菓子店ではまだそこまで求めてないことも多いですが、自力で探すのはとても苦労します。
専門学校で学ばないまま就職した洋菓子店はその人の洋菓子作りの基本となってしまいます。当たり外れがあるのも仕方ありません。

さらに、働き始めるとプロの世界を目の前にして自分の素人加減を知ることも多いですが、洋菓子店でいちから丁寧に教えてくれることは基本的にありません。
仕事をしながらそれこそ「技を盗む」ようにパティシエとしてのいろはを習得していくのです。初めての就職では仕事としての業務を覚えてこなしていくだけでも一苦労です。
勤めるお店によってはいつまでも洋菓子作りの仕事を任せてもらえず、接客や片付けなどに他の業務ばかりをさせられることもあります。
そんな中でパティシエとしての技術を自分で習得していくのは大変です。ただしメリットもたくさんあります。詳しくは『【専門学校に入学できない人用】パティシエになる方法』でもお伝えしております

もし自分の店をいつか持ちたいと思っているならまずは製菓衛生師の資格を習得する必要があります。実務経験を2年積めば専門学校に通わずとも試験にチャレンジすることはできます。

ところが、独学で製菓衛生師の資格のために勉強しなくてはなりません。

慣れない業務、洋菓子店のハードな仕事、覚えることは山ほどあるのに疲れている中で勉強をするのは厳しいです
資格のために夜間の専門学校に通う人もいますが、体力面で続けられず、途中で辞めてしまう人もいます。

このように製菓専門学校に通わずパティシエとして働くのはかなり大変です。

神戸国際調理製菓専門学校では1年間で170種類以上のお菓子のレシピが学べるコースがある

神戸国際調理製菓専門学校では1年間で製菓全般を学ぶことができる「製菓衛生師科」があります。実習時間は年間480時間と少なめですが、レシピ数は170種類以上を学びます。

これはあなたが知っている洋菓子屋さんに並んでいるケーキのメニューをすべて勉強できるといっても過言ではありません。

実習のステップもはじめは道具の使い方から始まり、基礎技術を繰り返し学び、卒業するときには一皿として完成させれるだけの技術を身に着けます。本校の製菓衛生師科を卒業すると、製菓衛生師の国家資格の受験資格を得ることもできます。卒業後に受験をすることになりますが、在学中にしっかりと対応もします。

最後に

パティシエになるためには製菓専門学校に通う必要性は絶対ではないですが、必要性は高いです。『パティシエの専門学校に行くメリット』でも紹介した通りたくさんの有名なパティシエが卒業しているというのも大きなメリットです。
オープンキャンパスでも詳しくご紹介できますので、いつでもお問合せ下さい。