ブログ

製菓専門学校のオープンキャンパスでやること

オープンキャンパスは学校を知るためにとても大切なイベントです。

学校の雰囲気や先生の雰囲気や施設など実際に肌で感じれる貴重な時間として今ではたくさんの入学希望者が参加するイベントとなっています。

なかにはめんどくさい!という思いから「オープンキャンパスに行くことって絶対ではないよね」「パンフレットを見ればだいたいわかるんじゃないのかな」なんて思う人もいるかもしれません。

絶対条件ではありませんが、可能であればオープンキャンパスに参加することをオススメします。

今回は製菓専門学校のオープンキャンパスの必要性を紹介します。

クリームを絞るなど製菓専門学校ならではの体験ができます

○なぜ製菓専門学校のオープンキャンパスに行く必要があるのか?

製菓専門学校はパン職人、和菓子職人、洋菓子職人などに憧れる人が製菓について学びに行く学校です。

全国には約100校の製菓専門学校がありますが、名前が全国に知られている学校もあれば、CMなど宣伝は行わずほとんどの人が名前を知らない学校もたくさんあります。

専門学校によって1年制から3年制まで通う期間も違ったり、学費もずいぶん違います。同じ専門学校の中にも複数のコースがあり、同じコース名でも専門学校が違えば実習と座学の割合が違ったり、できる経験が違ってきたりします。

また高校に入るときも、同じように選ばなければなりませんでしたが、高校よりも専門学校の方が学校ごとの特色に違いがあるので注意が必要です。

入学したい学校のことをしっかりと理解して入学をすることは当たり前ですが、複雑が故にわからないまま入学をして「やっぱりあっちの学校のほうが良かったかも」と思っても気軽に学校を変更することはできません。

ということは入学前にしっかり「入学してよかった」と思える学校かどうかを見極めてから志望する専門学校を選ぶ必要があります。

では「入学してよかった」と思えるためにはどうすればいいのでしょうか?

それは入学する前に感じている不安や疑問を解決しておくことが大切です。

作るケーキのレシピのクオリティは実際に見てみないとわかりません

○具体的にどんなことをするのか?

オープンキャンパスでは様々な催しを行います。

専門学校によって開かれるイベントなどは違いますが、一般的な例として挙げていくので参考にしてください。

まず欠かせないのは説明会です。

入学する際の注意事項やどんなことを学ぶのか、その学校がどの部分に力を入れているのかを聞くことができます。

パンフレットでは語りきれない熱い思いを聞くともできるかもしれません。

他には実際に教えている先生の授業を受けることができます。

その時々でメニューは変わりますがパンを作ったり、ケーキを作ったりと和気あいあいとした雰囲気の中、実際の実習室で実習を体験します。

入学したら使うであろう製菓器具や調理台に実際に触れられるのはとても良い体験です。

実際の授業というのは自分が入学したあとのことを想像することができます。

しかも高校までの調理実習とは比べ物にならない本格的な実習です。

先生の説明の仕方は分かりやすいか、お手伝いの学生は熱心にサポートしてくれたのか、など内容よりも大切なことが感じられるでしょう。

さらに実食できたりするのも嬉しいポイントですよね。どうせなら好きなメニューの日にオープンキャンパスの予約をするのもオススメです。

校舎見学も行います。

校舎がキレイだと通うたびにテンションがあがります。

掃除が行き届いているか、先輩たちはイキイキしているか、など校舎を実際に歩くだけで雰囲気を感じることができます。

パンフレットやインターネットの写真では分からない空気です。「ここに通いたい」と思えるかどうかがとても大切です。

最後に大切なのは個別相談です。

入学する際に不安なことや、卒業してからのことなど製菓専門学校に関して疑問に思っていることなどを相談できる場合もあります。

ここで丁寧に受け答えしてくれるかどうかもチェックするポイントです。

JR元町駅から徒歩3分の神戸国際調理製菓専門学校もオープンキャンパスを行っています。

【当日の流れ】
学校説明

体験実習・施設見学

個別質問

1年制また2年制の学科の説明、他校とは違う学校の特徴、入試システムについて、海外研修についてなど学校のスタッフが説明をします。個人的な不安やわからないことは個別相談時にしっかりと解決をしてもらいましょう

是非一度足を運んでみてくださいね。

神戸国際調理製菓専門学校の1Fはパリの街並みをイメージしたデザイン

○オープンキャンパスに参加することでわかること

最初のインスピレーションも大切なのでパンフレットから好印象を受けるという条件も、候補の学校を選ぶ際には必要ではありますが、「学校選びで一番やってはいけないのが、パンフレットだけでみて「あ、ここ楽しそう」と思うことです

オープンキャンパスにすることでパンフレットから感じた雰囲気とはずいぶん違うな、という学校もあるでしょう。逆にパンフレットより断然印象がいい、という学校もあるでしょう。

最後は自身と肌が合うか、ということが1番重要となってきます。

客観的な口コミも参考にはなりますが、どれだけ評価が高い学校でもあなたに合うとは限りません。

逆にどれだけ評価が低い学校でも、あなたにとっては最高の学び舎になることもまたあるのです。

先入観だけで判断せず、自分に合うかどうかを確かめられることがオープンキャンパスに参加することの、大きなメリットとなるでしょう。