ブログ

“初授業”調理スペシャリスト本科

皆さん、こんにちは!

最近は寒さもなくなり春の温かい日が続くようになりましたね!

神戸国際調理製菓専門学校では新入生を迎え、新しい年度が始まりました。

授業も本格的に始まり、不安も取れリラックスした雰囲気が感じられてます。

今回は新入生でもあります調理スペシャリスト本科の初実習にお邪魔しました

はじめは『包丁研ぎ』と調理台に向かう『姿勢』の授業です

包丁を研ぐことは調理師としてスタートラインに立つということ。そして調理台の前に立つに姿勢は調理師の基本です。

研がれている包丁は食材を口の中にいれたときに感じる舌触りが研がれていない包丁と比べると全然違います。

真剣な中にも楽しさを忘れず授業に取り組んでいます。

包丁を研ぐことで、『しのぎ』を出します。先生にチェックしてもらいながら確認していきます。

これからどんな2年間が待っているのでしょうか?楽しみです