ブログ

調理師になるには|専門学校で調理のプロとなり現場で活躍しよう

調理師になるには何が必要なのでしょうか。専門学校への進学や調理師免許の取得は必須?就職するのに年齢制限はある?未経験や主婦でも目指せば調理師になれる?調理師になるために必要な、気になる点を詳しく解説します。

調理師になるには調理師免許が必要です。

調理師免許の取得には、大きく分けて2つの方法があります。

①調理師学校に入学して1年以上学び、卒業すること。
②飲食店などの調理関連の実務経験を2年以上積み、調理師試験に合格すること。

上記どちらかの手段で調理師免許を取得したら、その後調理師として働くところを探す必要が出てきます。
就職するにあたって、未経験でも大丈夫なのか、試験はどのくらい難しいのか、主婦でも取得は目指せるのかなど、気になる点を詳しく解説していきます。

【調理師免許の取得は必須?】
調理師として働くためには、調理師免許の取得が必須です。
しかし、お客様に料理を提供する仕事を行うのに、免許の取得が必要になるわけではありません。
調理師免許は「調理師」と名乗ることが許される資格であって、実は飲食店の開業も調理師免許の有無に関わらず可能です。
じゃあ資格なんて面倒だし取らなくていいや、と思うかもしれませんが、調理師免許には以下のようなメリットがあります。

〇調理に関する知識・技術の証明となり、信頼感を与えられる
〇飲食店に就職する際に有利。中には調理師免許が条件となる店もある。

地元で小料理屋を営む、家業を手伝う、といった目的であれば調理師免許は必要ありません。
ただし、料理人として世界に羽ばたく、有名ホテルや料理店で働く、というように広く知識や技術を披露するのを目指すならば実質取得が必須となる資格です。

【就職するのに年齢制限はある?】
調理師として就職するのに年齢制限はありませんが、未経験ならば若い方が有利です。
職人気質な確率の高い職業のため、免許だけ振りかざしても実践ではほぼ役に立たない素人として扱われます。
実務経験を積み始めてようやく、料理人への一歩だということです。

調理師免許の取得の最短は、高校卒業後に調理師専門学校に進学し、既定の学科で1年以上履修し、卒業することです。
調理師専門学校は業界への就職実績が豊富であり、実習も多く積めることから就職に有利となりやすいのが特徴です。
実務経験を取得するための最短は高校卒業後に弟子入りやアルバイトで現場に入ってしまうことですが、一から知識や基礎を学ぶわけではないので癖がつきやすく、汎用性を身につけるには不向きと言われています。
もし就職を目指す現場が決まっているのであれば、そこと同じ規模の店へ就職実績がある専門学校で学んでおくことで、就職のチャンスが広がるでしょう。

なお、調理師免許は修学で取得が可能なだけあって、社会人から目指すケースも少なくありません。
また就職を考えず料理スキルアップや副業の一環で主婦が取得を目指す場合もあります。
調理系の専門学校は夜間部もあるため、社会人でも通いやすい分野であるのも特徴の一つです。
実務経験は一度他業界の社会人になってしまうと難しいため、専門学校への進学が多くなっています。

【未経験や主婦でも目指せば調理師になれる?】
上記でも触れましたが、調理師免許の取得にはそれほど難しい条件がありません。
調理系の専門学校に進学するならば最低1年の履修をこなすことで取得が可能ですし、実務経験を積むことが出来れば試験に合格することで免許が取得できます。
ただし実務経験については2年以上必要な上、試験の合格率は60~65%です。
そのため実務経験を積むことで調理師免許を目指すよりは、飲食店で働いていて、十分な経験を積んだから資格を取ってその実績の保証とする、というケースが多いようです。
なお、未経験の方は専門学校への進学が多いものの、主婦の方は家の仕事が忙しく、昼間部も夜間部にも通うのが難しい場合があります。
そのため通信制講座を受講して資格を目指す方も多いのですが、実習が受けられないデメリットもあります。
可能であれば昼間部・夜間部へ通い、知識だけではなく技術もプロから教わることでしっかり身につけた方が取得後も生かしやすくなるでしょう。

調理師免許試験って難しい?】
調理師試験の合格率は60~65%であり、難関とは言いませんがそれほど合格が容易な試験ではありません。
食文化や衛生学、栄養学などの食に関連する内容となっており、一般的には数ヵ月から半年ほどの対策で合格できるといわれています。
出題される問題は都道府県によって異なるため、受験先の都道府県の過去問題をネットで繰り返し解いてから臨むと安心です。
また、各種参考書も本屋に売っているため、一般的な試験と同じく解説が充実しているものを選んでみましょう。

調理師専門学校に進学し、卒業することが出来れば試験に合格する必要はありません。
そのため進学を選ぶケースも多いですが、それはあくまで専門学校で正しい知識と技術を学んでいるという前提があるからです。
目指すべき調理師になるためにも、常に勉強し続ける姿勢が何よりも大切です。