ブログ

神戸国際調理製菓専門学校の授業内容を一部ご紹介!

神戸国際調理製菓専門学校はその名の通り調理と製菓について学ぶ学校なので、座学も実習もお菓子を作ることや調理に関することを学びます。
しかし具体的にどんな内容の授業があるのかは意外と分かりませんよね。

今回は神戸国際調理製菓専門学校の授業内容を一部ご紹介します。


実はずっと調理・製菓をしていればいいわけではないですし、調理・製菓系実習の中でもやることは多岐に渡ります。また実習以外にも座学などもたくさん勉強をします。

詳しい内容について知りたい方は、是非当校へお問合せください。


◆神戸国際調理製菓専門学校で実際に行う授業

○日本料理実習

焼き物や蒸し物、酢の物など代表的な日本料理に取り組みます。
会席料理のコーディネートができるようになることを目指します。

授業の様子は「日本料理実習で魚料理を作りました」をチェック📱

○西洋料理実習
実習を通じて、フランス料理やイタリア料理、スペイン料理を学び、プロとして求められる高度な技術を習得します。

授業の様子は「オマールエビを使った実習」をチェック📱

○中国料理実習
基本的な技術を習得しながら、点心の高度な調理方法や海ツバメの巣、干しナマコなど特殊な食材の扱い方、薬膳料理なども学習します。

授業の様子は「豚まんとシュウマイをつくりました」をチェック📱

○メディカルフード実習
医療現場や介護施設等で求められる治療食を学習します。
医療に必要不可欠な食事療法を、たんぱく質制限や糖質制限などの病態別に応じたテーマに沿って行う調理実習です。

授業の様子は「高齢者向けの料理とは?」をチェック

○デザート実習
デザートの基礎的なスキルを習得する実習です。
各料理に応じたレシピ・メニューに関する技術や知識を学びます。

授業の様子は「デザート実習がありました」をチェック

○サービス学
飲食店での仕事に必要なおもてなしの精神とスキルを習得します。
身だしなみ、言葉づかい、電話対応、クレーム対応などビジネスに欠かせない内容を幅広く学びます。

○フードアナリスト
食を取り巻く分野を総合的に学習し、食や食空間の分析・評価能力を身につけます。

○国際コミュニケーション
国際的に活躍できる調理師を目指し、接客用語やレシピ、食材など飲食の仕事に関わる外国語を実践的に習得します。

○フードコーディネート
世界の食文化や歴史を総合的に学習します。
食器の知識を身につけ、テーブルセッティングやフードコーディネートの基本様式をマスターします。

○材料学
日本酒の飲み比べをはじめ、野菜や西洋食材、日本食材、中華食材について理解を深めます。

授業の様子は「実践講座【コーヒー】の授業がありました」「実践講座【日本酒】の授業がありました」「実践講座【調味料】の授業がありました」をチェック📱

○手打ちうどん講座
手打ちうどんの基本的なつくり方を学ぶ授業です。
うどんづくりを通じて食べ物の大切さを学び、仲間とのコミュニケーションを深めていきます。

○スチームコンベクションを知ろう
焼く、蒸す、煮る、炒めるなどの調理モードを備えたドイツ製の最新スチームコンベクションの操作方法を学びます。

○包丁の研ぎ方
包丁の研ぎ方などの実演により、職人技の精度の高さを見聞します。
道具を大切に扱う重要性についても学習します。

○面接の基本マナー・話し方講座
就職活動に向けた面接の基本マナーや話し方、履歴書の書き方など、さまざまなノウハウを伝授します。

○レストラン巡り
中国料理や西洋料理レストラン、日本料理店を巡り、お客さまの立場から見たプロの仕事場・仕事ぶりを見学します。

○洋菓子実習
生地、クリーム、しぼり、ナッペなど基本技術を習得。シュガーアートや飴細工などの工芸菓子も学びます。

○製パン実習
生地づくりから焼成までを学習します。
欧本の調理パン、菓子パンについての知識と技術を幅広く習得することができます。

授業の様子は「パンの実習がありました」をチェック📱

○和菓子実習
日常菓子、繊細な練り切りなど、生菓子・焼菓子・蒸菓子・流し菓子づくりを通して、製餡の基礎から芸術的な造形技術までを学びます。

授業の様子は「和菓子実習がありました」をチェック📱

○ヴァンドゥーズ演習
お客さまをもてなす接客の心得、スペーサー(箱詰め)技術等、パティスリーで必要なサービスを講義と実習で学びます。

○カジュアルフード
惣菜類や調理パン、デザートなど幅広いメニューを学習します。
本格的な調理も学べる本校ならではのカリキュラムです。

○ドリンク
お店で提供する定番のコーヒー、紅茶の上手ないれ方や、提供の仕方などを総合的に学びます。

製菓衛生師試験対策
過去の傾向をふまえ、国家試験科目を徹底的に復習します。
模擬試験で自分の成長を確認しながらウイークポイントを克服し、資格取得に向けて学習します。

授業の様子は「製菓衛生師国家試験対策」をチェック📱

○フランス語
数字、食材、メニュー、接客用語を中心に製菓ルセットの理解に向けて、フランス語の基礎を学習します。

○マネージメント
食に関わる者として、就職後の開業の際に役立つ理論や知識、店舗運営のノウハウを身につけます。

○サービス学
飲食店での仕事に必要なおもてなしの精神とスキルを習得します。
身だしなみ、言葉づかい、電話対応、クレーム対応など幅広く学びます。

○カフェ学
コーヒー、エスプレッソ、紅茶の知識を習得します。
ビヴァレージの歴史や種類、原料の知識及び器具の扱い方、淹れ方、サービスも学習します。

授業の様子は「カフェ学の授業をしました」をチェック📱

○フードデザイン
売場ディスプレーに必要なレタリング、デッサン、カラーの基礎技術の他、ラッピングやフラワーアレンジメントなども学びます。

○キャリア授業
入学後すぐに実施し、就職活動に向けた履歴書の書き方やマナー、面接指導などを行います。

○材料学
乳製品の比較をはじめ、フルーツ、日本茶、チョコレートなど材料についての知識の他、アレルギー対策などの見解からも理解を深めます。

○ウエディングビジネス
ウエディングビジネス業界で働きたいパティシエは年々増加しています。
その魅力や業界で働く上での心得などを伝授します。

○工場見学
洋酒工場等、製菓に使用する原料製造現場を見学し、その工程に触れることにより、材料への理解を深めます。

○デザート体験
神戸近郊の有名ホテルを訪問し、プロのパティシエがつくったスイーツをいただきます。
また、そこで働く先輩の話を聞く機会もあり、将来に向けてのイメージも高めることができます。

○陶芸体験
料理にお皿は必須です。
陶芸体験を通じて豊かな感受性と創造性を培うことを目的とした授業です。

授業の様子は「陶芸体験」をチェック📱

○クープ・ド・モンド デモ実習
コンクール出場経験のある講師を招き、体験談とともに高度なテクニックの指導を直接受け、作品が完成するまでの工程を体験します。


これ以外にももっともっと授業はたくさんあります。

授業以外にも「レベルアップレッスン」や「サマーチャレンジ実習」といったがんばりたいを応援するカリキュラムも用意しております😇