ブログ

専門学校の役割とは

専門学校の役割

専門学校二にどのようなイメージをもっていますか?職人になる為の学校?地域と深く結びついている学校?2年で卒業する学校?

人それぞれ、また地域それぞれで違ったイメージをもっていると思いますがすべて正解です。全国各地にある専門学校は地域の産業や企業で必要とされている人材の育成、そして企業等の人材確保などで大きく貢献され地域の発展に関わっているでしょう。これまで専門学校は職業教育を高いレベルまで持ち上げるべく、広い分野で必要とされる人材の育成または養成に努めていることだと思います。分野も様々で私たちの栄養・衛生・調理・製菓だけでなくファッション・動物・音楽などあります。

また学生自身にも専門学校は社会に出たときに「こんなはずじゃなかった」というようなギャップに困らないように教育を行っています。身に付くまでしっかりと指導し多様な分野において活躍する人物を輩出していきます。


企業と専門学校の関わり

日本の企業は昔から学校を卒業した後の社会人教育は企業で行うのが一般的でした。ところが21世紀に入ると企業はその余力がなくなり即戦力となる人材を専門学校に求めるようになったと言われております。その為に専門学校でも企業とも連携し、カリキュラムの編成なども行っています。日本はもともと「ものづくり」の国です。専門学校の役割とはどの分野でも最終的に求められている人材の育成や分野の発展だといえるでしょう。