ブログ

専門学校が大学よりも良い4つのポイント

はじめに

🌸春休みのこの時期、高校2年生は進学先の選択を迫られているのではないでしょうか。

神戸国際調理製菓専門学校のアンケートによると、入学した7割の学生が春休みの3月にオープンキャンパスに参加したという結果が出ています。そのぐらい高校生は春休みに真剣に進路選びをしているということになるので、進路選びをしているあなたはきっと間違いではないでしょう。

もう少し具体的に進路先を選択する時に専門学校にするか、大学にするか、また就職するかなど、まだまだ迷っている人も多いと聞いています😢

今回は専門学校の良いところを様々な面から掘り下げて、みなさまに紹介していきたいと思います。

専門学校とは

専門学校は大学や短期大学と同じように高校の卒業資格を有する人を対象にした日本の職業教育と直結した高等教育機関であります。高等学校の新卒者が進学先として選択するケースがほとんどですが、大学の卒業者や社会を一度経験した人も入学できます。

より深く専門分野を学びたい人や資格を取得したいという希望に答えるためにカリキュラを構成しており、学校教育124条により都道府県知事の認可によって設置されています。

 

専門学校の特徴

専門学校は高校教育で学んだ基礎学力に加えて、職業教育と直結している専門科目を実践的にかつ短期的に学べることが特徴といえます。

遊ぶ時間は少ないかもしれませんが、その分好きなことに没頭できる時間が多いという点は専門学校の良い特徴と言えるでしょう。具体的に良いポイントを紹介していきます。

 

良いポイント①:カリキュラムの特色

大学や短期大学のような一般課教養を学ぶ授業が少ないため、入学した4月から専門的な勉強ができるようなカリキュラムを整えています。例えば調理の専門学校だと、包丁の使い方、魚の捌き方、栄養学から調理理論まで1年生からその分野に関して深く学ぶことができ、その道のスペシャリストを目指す方にとっては専門学校が良いと言えるでしょう。

終業年限も2年間が一般的で、目指す職業や取得したい資格がはっきりとしていれば、大学よりも早くに社会に出ることができるので、なりたい自分への近道となります。卒業後も専門学校で学んだ知識や技術をフルに活かすことができるので、就職先でも即戦力として活躍することができるでしょう。

 

良いポイント②:学生の志が高い

学びたい意欲や職業分野の業界に貢献したい志があれば誰でも入学することができるのが専門学校の特徴。例えば、大学に入学した人や社会を経験した人だけではなく海外からの留学生でも「資格を取得したい」「手に職をつけたい」という思いから、入学するケースも少なくありません。

▶︎「社会人を経験してから目指せる調理師」と言う内容で紹介していますのでチェックしてみてください

その本質は、就業と教育を繰り返し、キャリアアップを目指すリカレント教育が主流になってきている時代だからこそ、将来的に自分でお店を持ってがんばっていきたいという強い思いや日本の技術を母国で広めたいという熱い思いがあることに間違いありません。

 

良いポイント③:就職に強い

専門学校が就職に強いと言われるのは、社会と直結した学校であるため、仕事の求人が豊富にあることがあげられますが、それだけではありません。就職した人のうちほとんどの人が関連の仕事に就いて働いていることは専門学校の強みと言えます。大学の場合、学部と全然違う仕事に就職したということはよくあることです。それだと学校で勉強したことは何だったのかと疑問に思いますよね。

 

良いポイント④:サポート力

大学と違って先生が身近に感じるという声をよく聞きます。

それは先生が担当する分野の実務経験を有している場合が多く、生活指導や就職指導にかかわらず全体的に学生一人ひとりの希望や適性をきちんと見抜き、その学生にあった指導をしているからだと思われます。先生とのコミュニケーションの中で社会人としてのマナーや常識も身につけることができるでしょう。自己管理が苦手な人やすぐにハメを外してしまいがちの人は学校にいるだけでも社会勉強になること間違いなしです。

 

最後に

日本では高等学校の新卒者の約8割が大学や専門学校に進学をしています。その中でも4年制大学への進学率はここ10年間で上昇し約5割となっています。しかし、専門が学校の進学率は約15%に停滞しているのが現状です。

これは近年になって大学が入学しやすくなったことや社会的な不安定さが関与して「とりあえず大学志向」で大学に進学するケースが多くなってきたからでしょう。

しかし専門学校は年齢や学歴にかかわらず、夢や目標を持った人が集まって、頑張りたいと思ったその時からスタートできる学びの場であります。

本当に自分の将来のことを考えるのならば専門学校へ入学したほうがいいでしょう。なにがおこるかわからない時代のなかで手に職があったり資格を持っていると何かと有利になることが多いと考えられます。そしてなりたい職業をイメージして専門学校で学ぶうちに憧れの仕事へ一歩づつ近づいていく感じを噛みしめながら自覚を深めていくことで、人生を豊かにすることもできます。専門学校で勉強することは良いことだらけです。