ブログ

パティシエ になるためには

一番の近道は製菓学校に通うことです

 

実習及び現場でのアルバイトやインターンの経験はパティシエを目指す時に専門学校でやっておくべきことでしょう。それはいざ卒業してお菓子屋さんやホテルで働くときに、こんなはずではなかったとギャップを埋めるためでもあります。
また、たくさんのお菓子やカフェに行って自分なりに勉強しておくことも大切でしょう。

お菓子のこと、仕事のこと、現場のことを全て在学中に経験するには、やはりトリマーの専門学校が一番です。お菓子屋さんへのインターンも専門学校でしか経験できません。実際にやってみないと分からないのが実際のところでしょう。
そもそも何にやりがいを感じるか、何を魅力と思って仕事に従事するかも人によるところが大きいので、やはり経験することは欠かせません。

それならば、専門学校が一番の近道です。そして早い段階でやってみるのが一番です。

また、在学中に資格、また関連資格を取得しておくことで就職する時にも就職した後にも必ず役に立ちます。
カリキュラムの中で取得を目指せる専門学校が、より充実したパティシエを目指すには適していると言えます。


まとめ

パティシエは労働時間が長いのが現実です。
お客様が休みのときに働く以上は残業や休日出勤の可能性はあります。こんなはずではなかったと思うことも多いでしょう。

しかしやりがいや魅力はあります。
食べ物を作る仕事は誰でも仕事に就くことはできますが、甘いお菓子で人を幸せにする仕事はすくないでしょう。
まずは専門学校パティシエとしての経験を積み、自分ならではのやりがいやパティシエの魅力を探してみることから始めましょう。