ブログ

【専門学校に入学できない人用】パティシエになる方法

パティシエはここ数年、小学生女の子の「なりたい職業ランキング」でベスト3に入るほど人気の職業です。

繊細なつくりのお菓子やケーキは見ているだけで幸せになれますよね。

ではパティシエになるにはどうすればいいのでしょうか?

最近は製菓専門学校を出てから就職するのが一般的な流れですが、パティシエ自体は専門学校が必須ではありません。

今回は専門学校に行かなくてもパティシエになる方法を紹介していきます。

○専門学校に行かなくてもパティシエになる方法

専門学校に行かなくても、ケーキ屋や製菓店、ホテルなどに直接雇ってもらえれば実はパティシエになることはできます。

今でも寿司職人など、その道に入るには弟子入りして経験を積んで一人前になるという流れの職種もたくさんありますよね。パティシエもその一つだと言えます。

なぜならパティシエ=洋菓子職人、つまり職人業です。職人であれば師匠から技を盗んで一人前になるという流れにも納得です。

専門学校が今ほどなかった時代、「パティシエ」と言う言葉が一般的になる前は、皆そうやってパティシエになっていたのです。時代は変わりましたが不可能なことではありません。もしあなたがキャリアチェンジとしてパティシエとして心機一転が頑張っていきたいと誓ったのならば、社会人からパティシエを目指すための準備として「カフェめぐり」や「家でのお菓子作り」を積極的に行うことがいいでしょう。

やる気と根性が必要になりますが、専門学校に行かなくてもパティシエとして仕事をすることはできるのです。

○パティシエと名乗るには国家資格が必要

パティシエとしての資格「製菓衛生師」の免許は専門学校に通わなくても取得することができます。

しかしその為にはパティシエとして働いた2年間の実務経験と都道府県ごとで開催される国家試験に合格する必要があります。自分の時間を確保しながら、勉強するとなるとかなり根気がいります。

○専門学校に行かずにパティシエになると将来的に大変!

直接雇ってもらってパティシエになるという道にはデメリットはないのかといえば、少なからず存在しています。知ってるようでしらないパティシエのことを紹介します

一つは求人の問題で、最近は「専門学校を出ている」ことを必須条件にしたものも見られます。

ですから専門学校を出ていないことで、働き先の選択は少し狭まります。

また自分の足で就職先を見つけるので当たり外れがあるのもまた事実です。安易に「通勤が楽だから」「美味しいお菓子のお店だから」という理由で選んでしまうことは危険です。

なぜなら専門学校を出ていないと、はじめての就職先でパティシエとしてのイロハを学ぶことになるので、どのようなところに就職するかは自分の職人としての基盤にかなり大きな影響を与えるからです。

いい就職先に巡り会えたとして、いざ働き始めると新たな障害がうまれます。専門学校に通わずに就職するというのは、ド素人がいきなり戦場のような現場に立たされるということです。

何も知らないのにいきなり「キャラメリゼ頼むよ」と言われたら、パニックになってしまいます。

学生のアルバイトなら雇う側も「今勉強中の身だから仕方がない」と見逃してくれることもあるかもしれませんが、実際に就職してしまえばそう甘くはありません。

専門用語や調理器具の使い方、製菓に関する基礎的な技術が身についていなければ相当厳しい扱いをされることは容易に想像できます。

独学で専門用語などを勉強し、仕事中は与えられた業務を覚えてこなしながら職人の技を盗み、仕事が終わってからお菓子づくりの技術的な練習をしなければ上達できません。

身一つから始めて、パティシエとして立派に成功している人は陰で相当努力をしているのでしょう。

はじめての就職ともなれば、覚えなくてはいけないことがただでさえ膨大です。

日々の業務、店ごとの決まりごとや、社会人としてのマナーを覚えるだけでも大変です。

それに加えて製菓に関することを覚えていかなくてはいけないので、日々の労力はかなりの負担になるかもしれません。

○専門学校に行った方がスムーズにパティシエになれる?

この答えは「YES」です。

パティシエになると一言で言っても、知らなければいけないことはたくさんあります。

それはお菓子の作り方や調理方法などの技術面ももちろんですが、座学も必要になってきます。

食品衛生学や衛生法規なども必要ですし、お菓子づくりの理論も知っておかなければいけません。

というのも実はお菓子づくりは科学に例えられたりするぐらい理論的なのです。

温度や湿度、作業環境などを考えないと仕上がりが大きく違ってきます。同じ専門学校に通う仲間と相談したり、先生に質問したりできる環境が揃っているので、お菓子づくりの理論を納得するまで学ぶことができます。

将来自分で独立した店を持つときにも有利な「菓子衛生師」の資格も実務経験なしに専門学校に一年通えば取得することができます。

同じ志を持つ仲間と出会うこともまた、その後のパティシエ人生にとってもプラスになります。

卒業して、それぞれの頑張りを褒め合ったり、落ち込んだ時に励ましあったりできるのは、学生時代の友人かつ、同じ志を持ち学んだ仲間だからではないでしょうか。良きライバルとなり切磋琢磨することで、パティシエとしての技術力もアップするでしょう。

加えて最近では自分のスマホからいつでもどこでも勉強できる場所を「選べる」学習環境システムとしてEラーニングも注目されています。

もう一つ忘れてはいけないのが、就職先です。専門学校では大企業から小さな企業まで、ありとあらゆる求人情報が手に入ります。一般には出ていない求人も含まれます。

一通り学んで卒業する時にどの企業に就職すればいいのか、というのはとても迷います。専門学校なら就職先の相談にも乗ってくれますし、斡旋先が多いことはとても有利になってきます。

そしていざ就職した時に専門学校で学んだことが役に立ち、即戦力として働く子ができるのは、働く側にとっても雇う側にとってもメリットになります。

最後に

専門学校を出なくてもパティシエになることはできますが、相当な努力が必要になります。

専門学校で基礎を学んでから即戦力のあるパティシエとして働くのが近道なのかもしれません。

専門学校で学べることはとても多いので、将来のことを含め考えてみてください。